月別: 2016年10月

個人と税理士の違い

個人で会社設立の手続きに対応する場合、膨大な時間がそこにかかります。設立する時に必要な書類を集めるだけでなく、税金や保険についてきちんと学ばなければなりません。税理士に頼んでしまえば、その時間はすべてカットでき、自分はビジネスに集中することができます。特に税金や融資に関しては、学んだだけでは掴めないことが多くあるでしょう。

たとえば税金は何も対策せずにいれば高額を払わなければならないこともあります。節税対策は多少学ぶことができるかもしれませんが、税理士のように場数を踏んできた経験値に比べれば応用がきかないことも確かです。融資に関しても同じことがいえます。融資には厳しい審査があり、それを通らなければ資金をもらえません。一定の条件をクリアし、提出するタイミングも見極める必要があります。

独学で手続き方法が学べたとしても、書類記入のコツや提出時期のポイントを知ることは難しいです。税理士に依頼すれば、これまで融資を通ることができた実績をもとに対応してもらえますし、融資も受けやすくなるでしょう。税理士は確かに面倒な手続きを肩代わりしてくれたり、必要な手順を教えてくれたりする存在です。しかし、その手続きは面倒を省くだけではなく、最良の形で進めてくれるのです。このことで個人に比べて設立時に受ける利点の幅が広がります。

会社設立の幅を広げる

税理士のサポートがあれば、個人で対応するよりもできることの幅が広がります。融資は受けやすくなるでしょうし、節税対策も幅が広がることでしょう。時間の節約ができ、よりビジネスに集中できるという面でも、税理士を雇うことには大変な意味合いがあります。

こうして述べると、どうしても手続き面や資金面だけに考えが偏ってしまいがちですが、ここでもう一つ考えておきたいのが、必要最低限の作業以外の利点についてです。税理士は会社の設立から経営までさまざまな面で役立ってくれますが、設立や経営以外の面でも、経営者のサポートをしてくれることがあります。税務以外に得意とするサービスがあったり、複数の会社の合併や再編に対応してくれたりすることもあります。

税金面や基礎的な手続き以外でも、会社設立のことで頼りにできるのが税理士です。会社設立以外にも多くの専門知識を持ち合わせている税理士は少なくないですし、それをもとにビジネス内容をサポートしてもらえることもあるでしょう。あらたにビジネスを増やしたり、他の会社と合併したり、ビジネスにつきものである急なトラブルや変化にも対応してくれることがあります。

もちろん税理士にもよりますし、支払う金額によっても受けられる手当は変わってきます。しかし、税理士を雇うことで会社経営に幅を持たせることができるのもまた、確かなのです。税理士を単に会社の手続き代行と思わず、ビジネスに関しての要望などを相談するとよいかもしれません。ここでは具体的にどのようなサービスがあるかをご紹介します。